自分の書いた小説やエッセーなどが一冊の本になるというのは、誰もが嬉しいものです。一生のうちに一冊でいいので、自分の書いた本を作りたいという方もいるのではないでしょうか。しかし、素人がそう簡単に商業出版をすることはできません。というのは、最近は本が売れないため、出版業界は厳しい経営が続いているのです。そのため、確実に売れる有名作家の本以外はなかなか出版されにくいのが現状です。そんな中で注目を集めているのが自費出版です。このスタイルだと出版に伴うリスクを著者が追うわけですから、出版社としてもリスクなく出版が出来ます。そして、著者も多少費用がかかっても、自分の夢である出版をすることができるわけですから、出版社、著者ともに満足できる形だと言えます。今後、自費出版の市場はさらに拡大するのではないかと思います。

自費出版について思うところ

近頃は自分のホームページを運営していたり、ブログで日記を公開している人が増えてきています。なので自分の文章を多くの人に見てもらうということに抵抗を感じない人、多くの人に自分の書いた物を読んでもらいたいと希望する人が増えてきています。そしてブログなどを気軽に自費出版することが出来る時代でもあります。一言で自費出版といってもきちんとした出版会社で、負担は自分と出版会社が半分づつ出し、本来の流通ラインで本屋などで販売してくれるケースもあれば、本当に自己満足の記念に数冊本という形にするだけのモノまで様々です。出版業界としては会社の負担が少なく多くの商品を生み出すことが出来るので十分に得るものがあると言えますし、自分でお金を出してでも本を作りたいという人は実は少なくないといえます。双方が納得しているなら私はいいと思いますし、これも新しい出版の形だと思います。

自費出版の本は意外と面白いです

自費出発で本を出すには、どのくらいお金が必要なのでしょうか。家族や知人に配る程度の数を出版するなら数万円程度で済みますが、もっと大規模に、本屋さんにたくさん並べられるくらいの本を出すなら、数十万円から百万円ほどかかります。けれど、本を出版したいという人はたくさんいるので、この業界はとてもにぎわっています。私は、自費出版自体は良いものだと思います。誰の指図も受けず、世界でただ1冊の本を出せるなんて幸せではありませんか。また、自分のお金で出した本なんてつまらないんじゃないかと思われがちですが、そんなことはありません。私は、自費出版で出された本を何冊か読んできましたが、どれもなかなか面白く読み後妙のあるものでした。定年退職した男性や女性が主な書き手でしたが、人生経験があるので面白いものが書けるのでしょう。

著者のご要望に合わせて装丁デザインを作成させていただきます。 企画見積料は無料です。まずはお客様の思いが詰まった作品をお送りください。 著者にご滿足していただけるよう万全なサポート体制で自費出版致します。 出版費用に関しては委託配本型、注文配本型、紙家版、電子出版など様々ございます。 自費出版において作成者の想いやレベルは人それぞれ、ひとりひとりに合ったサポートを致します。 企業出版も扱う自費出版の諷詠社