冊子印刷を見かける場所と幾つかの冊子印刷方法について

冊子印刷はいろいろな場所でよく見る印刷です。資格試験を受験するとなるとまずは願書を提出する必要があります。その際に、今では電子による申請が可能となってきていますがまだまだ紙による提出が多いです。その際に、記入方法を説明する案内等も中綴じ冊子印刷であったり、その願書を電子申請するのではなく商工会議所等の施設へ取りに行った際、多数の広告が置かれていたりします。それらを見るとやはり冊子印刷である事が多く、とにかく意識していなくてもいろいろな場所にそれは溢れています。また、卒業文集等もオシャレな物を作ろうとするとまた違った仕様になりますが、目に浮かぶ簡易な物の多くは無線綴じ冊子印刷である事が多いです。無線綴じ冊子印刷は非常に多くの所に使われています。折り込んだ本誌に糊付けで背表紙を接着します。あまりに簡易に作りすぎると、後々に取れやすくなってしまい、その結果として不快な思いをした人も多いと思います。しかし、それは非常に簡単な構造で製作に時間が掛からないため、非常に普及している冊子印刷です。また、この方法は構造が糊付けと記載したように、素人がちょっとした物を製本するのに使う事も多く、この方法を経験した方も多いと思います。日常生活に多く溢れる製本、その中でも多いが冊子印刷です。

冊子印刷紹介を簡単に説明します

意外としらない人が多いと思いますので、冊子印刷をパソコン上で行う場合に行う設定方法を簡単に説明させていただきたいと思います。ページ設定を[本(縦方向に谷折り)]に設定すると、用紙の片面に2ページずつ印刷されます。用紙を折ると、本のように開くことができます。このオプションはページ数が2ページ以上の文書で使われます。1.文書が小冊子になるように設定します。2.[ファイル]メニューの[印刷]をクリックします。3.用紙の両面に印刷するオプションを設定します。両面印刷用プリンタ(用紙の両面に印刷するプリンタ)を使用している場合両面印刷用プリンタを使用していない場合4.印刷する範囲を選択します。[現在のページ]または[ページ指定]を選択した場合は、指定したページに加え、同じ用紙に属するほかの3ページも印刷されます。[選択した部分]を選択した場合は、選択した部分が小冊子のレイアウトではなく既定のページレイアウトで印刷されます。上記のごく一般的な印刷方法であればパソコン上でも冊子印刷は可能です。しかし、企業等で大量に業務用の冊子をカラーで印刷する場合等については、自社のパソコンで印刷するよりも業者に依頼した方がはるかに効率的であると断言できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*