社内資料を冊子印刷で業務効率化を実現

会議のときなどにおいて、書類を作成するということがあります。会議といいますと、規模がいろいろあります。グループ内で行うような非常に小さいものもありますし、会社のマネジャークラスが全員集められるような大きな会議もあります。会社によっては、数百人規模で行われるものもあるということです。会議というよりも、内容の確認をするというものになるでしょう。社長や役員の考えていることを、マネジャークラスに伝えることで、マネジャーがさらにその下の人たちに伝えてくれることになります。

そうすることで、会社全体に伝わっていくということになります。ですから、定期的に会議をするのは必要なことということになります。毎日行うということもあるでしょう。小さな会議という場合は、特に書類を用意するということもないかもしれません。今はIT化されていますから、各人がパソコンを持ち合って行うということもあります。パソコンの中に資料を入れておけば、そちらで確認をすることができます。必要なメモも、パソコンに入力しておきます。そうすれば、後で入力しなおす必要がありません。データ資料なども容易に示すことができます。人が少ない場合であればそういうことも可能なのですが、人が多いとなると、パソコンだと逆に効率が悪いことがあります。入力が遅い人などは、きちんとメモが取れないということもあります。昔ながらということではないですが、紙の資料のほうが容易に書き込みをすることができることがあります。では、その資料はどのように作成するかということになります。こちらにおいては、会議の当事者が作成するということになるでしょう。まずは原案をワープロなどで作成します。

そして、必要枚数をコピーします。さらに順番どおりに並べ替えて、それをとめるということになります。かなりの作業工数があるということです。人数が増えれば増えるほど大変な作業になります。冊子印刷で業務効率化を実現することができます。印刷、冊子作成のプロに依頼をすれば、簡単に、速く作成してもらえます。印刷も専用機ですし、並べ替えや、止める作業もすべて機械を利用して行えるようになっています。早ければ1時間ほどで数百部を作成してもらうこともできるということです。カラーであったり、紙の質を良くしたりすると、時間もお金もかかることになりますが、通常のコピー用紙に、モノクロ印刷であれば、それほど料金もかからないということです。インターネットから依頼も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*